ちりつもマイル

格安ツアー・LCCセールを利用しつつもクレジットカード・ポイントサイトでこつこつとマイルを貯めていく方法

今年3月末のソラチカルート改悪でソラチカカードを解約しようと思ったけれど、、、

ソラチカルートの改悪とは

今年3月31日、「ソラチカルート」の改悪がありましたね。

これまでは、

 

①ハピタスやモッピーなどのポイントサイトでポイントを貯める

②ドットマネーやPeXなどのポイント中継地点のポイントに交換する

③メトロポイントに交換する

④(ソラチカカードを保有していると)メトロポイントを交換レート90%でANAマイルに交換できる

 

 という陸マイラーなら知らない人はいないというような黄金ルートがあったのですが、②→③のルートのうち、ドットマネー、PeX、NetMile、Gポイントの4サイトからメトロポイントへの交換ルートが2018年3月31日で塞がれてしまったというものです。

※やや交換率が下がるものの、LINEポイント→メトロポイントへの交換ルートは塞がれず残っているので、現時点ではソラチカルートの完全封鎖ではありません。私はLINEをやっていないので、事実上の完全封鎖(?)と言えるかもしれませんw

 

f:id:chiritsumomile:20180513124732j:plain

 

ソラチカカードを解約しようと考えた

ソラチカルートのためだけにソラチカカードを保有してきたので「なら、次の年会費が発生する前にソラチカカードを解約しよう!」と、一番最初に考えたのはそこでした。

 

3月末でソラチカルートが改悪

私のカードの更新=年会費発生のタイミングは4月10日

年会費が発生しない解約期限は、2月15日?

※2月16日~3月15日の利用分が4月10日に請求されるので

 

 

んー、なんかギリギリの日程になりそうです。アマゾンプライム会員資格を1年間無料でもらえるキャンペーンに登録しちゃっていましたし、ネスカフェアンバサダーのポイントがいつもらえるかわからなかったですし。。。結果、ソラチカ解約をいったん思いとどまりました。

 

思いとどまる原因①ソラチカカードのキャンペーンでAmazonプライム会員資格が1年間無料に

2017年12月中旬、JCBより以下のメールが届きました。

●●様
対象のカード:ANA ToMeCARD PASMO

いつもJCBカードをご利用いただき、ありがとうございます。

このメールが届いたあなただけに特別なご案内!!
Amazonプライムを1年間利用できる
キャンペーンをご案内します。

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

JCBカードを利用して全員Amazonプライム会員になろう!
http://edm.mail.jcb.co.jp/c/003ygr_0003960b_bb

■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

【参加方法】
 1.下のキャンペーンページから本メールに記載の対象のカードで参加登録
  http://edm.mail.jcb.co.jp/c/003ygm_0003960b_3a


 2.期間中、参加登録したJCBカードAmazonで合計2万円(税込)以上利用

 ※1・2の順番は問いません。

【対象加盟店】
  Amazon

【賞品】
  Amazonプライム1年間分のサービス利用(3,900円(税込)相当)

  ※Amazonプライムとは…便利な配送特典や、プライム・ビデオ、
  Prime Music、プライムフォト等のデジタル特典を追加料金なしで
  利用可能なサービスです。


【参加登録・利用対象期間】
 2017年11月16日(木)~2018年2月15日(木)

【キャンペーンの詳細・参加登録はこちら】
 http://edm.mail.jcb.co.jp/c/003ygn_0003960b_13

※すでに参加登録された方へも本ご案内が届く場合があります。
※すでにAmazonプライム会員の方は、期間が1年間延長されます。
Amazonプライム年会費のお支払いは集計金額の対象となりません。
※本メールが届いた方限定のキャンペーンとなります。
※本メールに記載の対象のカードで参加登録・ご利用ください。
※一部、対象とならないカードがあります。
賞品はご登録のメールアドレスに16桁のプライムギフトコードを
送付します。(2018年4月予定)
2018年2月末日時点でEメールアドレスの登録がない場合は、
対象となりません。

 

この時点ではソラチカルートの改悪は発表されていませんでしたし、せっかくいただいたオファーなので登録しました。2月15日までに利用額は問題なくクリアできますが、「2018年2月末日時点でEメールアドレスの登録がない場合は、対象となりません。」という条件がついているので、2月15日で解約するわけにはいかなくなりました。

※無事キャンペーン条件をクリアし、現在、1年間のAmazonプライム会員を満喫中です。

 

思いとどまる原因②ネスカフェアンバサダーの案件でもらえる32,000円相当のポイントがいつ付与されるか不明だった

これは結果を先に話せば、2月15日に付与されました。

付与された32,000円相当のポイントをすぐにPeXに交換しましたが、結局、メトロポイントをANAマイルに交換する際にソラチカカードを持っていないとダメ(90%の交換率でANAマイルに交換できない)なので、こちらも2月15日でソラチカカードを解約、というわけにはいかなかったです。

 

結論

ソラチカルート改悪とはいえ、今年に限っては、年会費2,160円を払っても受けられるメリットの方が圧倒的に大きかったので、ソラチカカードを更新しました。来年の2月15日までに新しいメリットが見つかれば再度更新、メリットが見つからなかったらソラチカカードを解約ということにしようと思っています。

 

今年はソラチカルート改悪のほか、SPGとマリオットの統合などでSPGアメックスカードを保有するメリットが薄れてしまったり、IHGアンバサダー入会のポイント数が引き上げられたりと個人的には残念なことが続いています。王道で上級会員のステータスを楽しむか、別の抜け道(?)を探して楽しむか、どちらかということなんでしょうかね(^~^;)

 

 

 

 

ユナイテッド航空のエクスカーショニスト・パークって奥が深い

ユナイテッド航空の特典航空券には「エクスカーショニスト・パーク(周遊特典)」という制度があります。

複数都市へのご旅行の一部に適用される、無料の片道特典「エクスカーショニスト・パーク(周遊特典)」をご紹介します。 3つの片道特典旅行を組み合わせて複数都市周遊の特典旅行をご予約いただく場合、一定の条件を満たしていれば、そのうちの1つの特典旅行にはマイルが不要となります。(従来のストップオーバー・ポリシーはこの特典に変更となります)。

 

耳慣れない言葉で、はじめの頃は「エクスカショーニスト・パーク」と読み間違えたりしてました(英語表記がExcursionist Perkであることを知り、ようやく「エクスカーショニスト・パーク」と間違えずに言えるようになりました)。

 

正しく言えたり書けたりする必要はないのですが、このエクスカーショニスト・パークがなかなか奥が深く、使い方によってはとってもお得のようなので検証してみます。

 

1.第一区間(出発地:日本)

出発地を日本とします。「日本→○○」というフライトを選択することになりますが、○○にあたるのは海外であっても日本国内であってもOKです。ユナイテッドの特典航空券では日本の国内線がお得に発券できますので、ここでは国内線を選択。ANA国内線が片道5000マイル(遠距離路線は8000マイル)で予約できます。たとえば、名古屋→札幌だと5000マイル。途中で乗り継ぎがあっても5000マイルで行けることがあります。

 

今回ユナイテッドのサイトで名古屋→札幌を入れて検索すると、、、

f:id:chiritsumomile:20180430132307p:plain

 

こんな感じでたくさん選択肢が出てきます(これ以外の選択肢もあり)。仙台乗り継ぎが選択肢に出てきたので、上記キャプチャの黄枠のフライトを選択。名古屋→仙台(乗り継ぎ)→札幌で5000マイルです。

 

搭乗後、デルタ航空に申請すると、名古屋→仙台で500マイル、仙台→札幌で500マイルがプレゼントされます。時間に余裕がある、単純に飛行機に乗るのが好きという方は、乗り継ぎ便を選択するのも面白いかと思います。

ニッポン500マイルキャンペーン(2018年4月1日~2019年3月31日)

 

2.第二区間(周遊:米国本土、アラスカ州およびカナダ)

なんとなく距離がありそう(?)というイメージだけでアメリカ大陸の西から東、ロサンゼルス→ニューヨークで試してみます。出発地をロサンゼルス、到着地をニューヨークとして検索をすると、、、

 

f:id:chiritsumomile:20180430132807p:plain

 

月曜日と火曜日だけ、0マイル!

※この週のほかの曜日は空席がないのか、追加マイルが発生していますね。

 

これがエクスカーショニスト・パークの威力です。日本発着(第一区間と第三区間)の旅程に無料で周遊航空券つけてあげますよ!という。日本国内往復旅行の周遊がアメリカのロサンゼルス→ニューヨークって不思議な気もしますが(笑)、ユナイテッドが認めてくれているので問題ないですね。

 

なお、ここで注意点を3つ。

  • エクスカーショニスト・パークの制度を使って0マイルで発券するには、座席クラスについては第一区間と同じでなければなりません。第一区間ANAの国内線(普通席)ですから第二区間もエコノミーとなります。
    ※第一区間が国際線・ビジネスクラスの場合、第二区間ビジネスクラスになります。

  • この第二区間の出発地と到着地はユナイテッドが定める同一地域でなければなりません。

    f:id:chiritsumomile:20180430214658p:plain


    つまり、上記の表で定められた地域内ならどの組み合わせでもOK!たとえば、ロサンゼルス(アメリカ)→バンクーバー(カナダ)はOKですが、同一国内でもロサンゼルス(アメリカ)→ハワイ(アメリカ)はNGとなりますので、注意が必要です。

  • 第一区間の地域とは違う地域でないとエクスカーショニスト・パークの制度が適用されません。今回のケースでは、第一区間は日本ですので、第二区間は日本以外なら(=海外ならどこの地域でも)OKということになります。

 

上記注意点をクリアできたので、月曜日の「ロサンゼルス→ボストン(乗り継ぎ)→ニューヨーク」というフライトを選択してみました。

 

3.第三区間(帰着地:日本)

エクスカーショニスト・パークが適用されるためのルールに「旅行の出発地と帰着地は同じ地域でなければならない」というのがあります。つまり「○○→日本」というフライトを選択しなければなりません。○○に入るのは日本に限らず海外でもOKなのですが、第一区間は名古屋→札幌。特典マイルを使い慣れていない方だと、第三区間は札幌→名古屋しか選択できないような気になりますよね?!

 

もちろんそんなことはありません。日本国内が帰着地となるフライト(○○→日本)ならば、どこからどこに飛んでもOKです。ここではマイルの節約を兼ねて日本国内線、第一区間とはまったく関係のない沖縄→大阪を選択してみました。5000マイルが必要です。

 

4.特典航空券の旅程と必要マイル数

今回の旅程のおさらいです。

第一区間(06月06日):名古屋→仙台(乗り継ぎ)→札幌

第二区間(06月11日):ロサンゼルス→ボストン(乗り継ぎ)→ニューヨーク

第三区間(06月26日):沖縄→大阪

※国内線は普通席、国際線はエコノミークラス

 

国内線は3レグ、国際線は2レグ、合計5レグのフライトで必要なマイル数は、

f:id:chiritsumomile:20180430221337p:plain

 

たったの10000マイルというから驚きですヾ(*´∀`*)ノ゛

※マイルとは別に620円が税金および手数料として徴収されます。

 

これだけ乗ってほんとに10000マイル?と思いますが、なにか落とし穴はないのでしょうか?次はエクスカーショニスト・パークのデメリットを見ていきます。

 

5.エクスカーショニスト・パークのデメリット

その1.日本国内線の特典航空券は出発日の60日前からしか予約できない

UAマイルの利用に関するルールのデメリットであって、エクスカーショニスト・パークのデメリットと言うわけではないのですが、日本国内線の特典航空券を絡めた上記第一~第三区間の旅程では、ざっくり2ヶ月先までのフライトしか予約できません。よって、短期間にぎゅっとまとめて飛びまくる、、、という形にならざるを得ません。ちょっときついですね。

 

その2.UAの特典航空券は出発日まで20日以内の場合、緊急/直前発券手数料として75米ドル(一般会員の場合)かかる

こちらもUAマイルの利用に関するルールのデメリットであって、エクスカーショニスト・パークのデメリットではありませんが、UAの特典航空券は、出発日まで20日以内の場合、マイルの引き落とし以外に発券手数料として75米ドルが請求されます。

 

日本国内線の予約の場合、出発日から21日以上前に予約しないと発券手数料75米ドルがかかる上、60日先までの予約しか取れないのでかなり制限がかかりますね。

 

例:04月30日に国内線特典航空券(東京⇔広島)を予約する場合

(ケース1)

【往路】05月20日のフライト:5000マイル+7,954円(75米ドル)

    ※出発日まで20日以内の発券のため、緊急/直前発券手数料が請求される

【復路】05月21日のフライト:5000マイル

 

(ケース2)

【往路】06月29日のフライト:5000マイル

【復路】06月30日のフライト:予約不可

    ※4月30日は出発日の61日前となるため、予約できず

 

4月30日にUAマイルを使って、ANA国内線の特典航空券を直前/緊急発券手数料なしに予約しようと思ったら、往路・復路とも搭乗日は5月21日~6月29日に収める必要があります。今回紹介した第一区間~第三区間の旅程を5月21日から6月29日までの39日間に詰め込むのは相当きついですね。

 

その3.別途手配が必要な航空券が発生する

たとえば名古屋在住として、

第一区間(06月06日):名古屋→仙台(乗り継ぎ)→札幌

第二区間(06月11日):ロサンゼルス→ボストン(乗り継ぎ)→ニューヨーク

第三区間(06月26日):沖縄→大阪

の旅程を組んだなら、

 

第一区間では、札幌から名古屋に一度戻るなら「札幌→名古屋」のチケットが、そのままロサンゼルスに飛ぶなら「札幌→ロサンゼルス」のチケットを別途手配しなくてはなりません。

第二区間ではニューヨークから一度帰国するなら「ニューヨーク→名古屋」のチケットが、そのまま沖縄に飛ぶなら「ニューヨーク→沖縄」のチケットが別途必要になります。

 

これら別途手配が必要なチケットもひっくるめて考えて、エクスカーショニスト・パークを使うのがお徳かどうか判断したほうがよいですね。

 

6.まとめ

ユナイテッド航空のエクスカーショニスト・パークについては、まだまだ研究の余地がありそうです。第二区間にアジアの国々を入れると、別途手配のチケットも比較的安く入手できそうですし、また別の航空会社のマイルでまかなうという選択肢も出てくると思います。

 

 

 

イベリア航空のAviosをブリティッシュエアウェイズに移行

先日セールのときにスペインのGroupon経由で購入したイベリア航空の2,000Avios(マイル)が付与されていました。端数の156Aviosは以前のセールで購入したときのボーナスです。

 

f:id:chiritsumomile:20180202205650p:plain

 

イベリア航空とブリティッシュエアウェイズはAvios(マイル)を相互交換可能です。ブリティッシュエアウェイズ(BA)の特典航空券は使い勝手がよいので、イベリア航空保有しているAviosをBAに移行します。移行の単位は1,000や100などと決まっていないようで、1Avios単位で全部移行しました。

 

Aviosの移行はイベリア航空側のサイトではなく、BA側のサイトから申請します。上記画面キャプチャでConfirm Transferをクリックすると、すぐにBA側のサイトでAviosが加算されていることを確認できました。

 

今回のセールで購入した2,000Aviosですが、クレジットカード会社から2,640円で請求がきていました。1Avios(マイル)=1.32円です。上々の出来ですね!

 

2017年のANAカードの大型キャンペーンで合計30,000マイル以上もらいました

昨年春、大きなキャンペーンが開催されていたので入会したANA VISA ワイドゴールドカード。 

chiritsumomile.hatenablog.com

 

ANA VISA ワイドゴールドカードを発行したことがきっかけとなり、2017年にSFC修行を突如始めることとなりました(o・ω・o)ノ

3月に修行を思いたち、7月にはプラチナに到達!苦行に思う日程も何とかこなして解脱に至りました。。。ま、その話はいつか書きます。(書くかな?w)

 

さて、2017年のSFC修行を強行する原因となった大型キャンペーンでいったいどのくらいのマイルを稼げたのか検証してみます。2017年12月で全部のキャンペーンマイルの付与が完了、参考までに当初獲得予定マイルは38,500マイルでした。

 

通常特典(獲得予定:2,000マイル➡5月付与:2,000マイル

  • 入会・・・2,000マイル

ANA主催キャンペーン(獲得予定:5,500マイル➡8月付与:5,000マイル

  • 入会+参加登録・・・3,000マイル(本会員2,500・家族会員500
  • 搭乗(~2017年5月31日)+参加登録・・・国内線500マイル、国際線1,500マイル
  • ANAカードマイルプラス加盟店利用(10,000円以上)・・・500マイル

三井住友カード主催(獲得予定:31,000マイル➡12月付与:31,000マイル

  • リボ払い利用キャンペーン(半年で50万円以上)・・・16,000マイル相当
  • 家族カード入会+利用(半年で3万円以上)・・・5,000マイル相当
  • iD利用(半年で3万円以上)・・・5,000マイル相当
  • ANA銀聯カード入会+利用(半年で3万円以上)・・・5,000マイル相当

 

結果は、ほぼ予定どおりの38,000マイル。

なぜか家族会員の入会ボーナス500マイルが付与されていないです。キャンペーンの参加登録しそびれたかな。。。ε=(´ο`*)))ハアー

 

ま、でも上出来!がんばってミッションクリアした甲斐がありました!!

めでたし、めでたし。

 

 

 

あけましておめでとうございます

2018年ですね。

 昨年に続いて、無印良品の「福缶」を初売りで購入しました。

f:id:chiritsumomile:20180102220523j:plain

 

戌年らしさはびっくりするほどにゼロなんですけど(笑)、なんか神々しいというか、愛着が湧くというか。さすがは縁起物です。

写真向かって左側が群馬県高崎市の「高崎だるま」。右側のカオナシのような雰囲気の置物は、熊本県玉名郡の「木葉猿(このはざる)」。木葉猿はこの福缶で初めて知りましたが、魔除け、災難避け、安産、子宝、子孫繁栄の守り神だそうです。大事にしようと思います。

 

 

さて半年以上ぶりのブログ更新です。書きたいことはたくさんあったはずなのに、筆が進まず本ブログを放置したまま。書きかけている香港旅行記はいったん棚に上げて、しばらくは別のことを書いていく予定です。記憶が新しいうちにどんどん書かないと、じゃんじゃん忘れます(^-^;)

 

2018年の抱負というか目標です。

  1. 国際線のファーストクラス搭乗!
    できればA380のファーストクラスがいいけれど、そこは絶対条件ではない、ということにしておきます。とにかくファーストクラスを体験してみたいです。
  2. JGC取得!
    実は2017年にSFCを取得しました。2年連続修行にお金をかけるのはキツいので、こちらも様子を見ながら柔軟にやります。
  3. IHGアンバサダー入会
    お金を払えばいつでも入会できるのですが、工夫してポイントを貯めてポイント払いで入会しようと目論んでいます。優先順位は低い目標です。

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

2017年4月香港旅行記(5)香港エクスプレス搭乗日に起きたハプニング

香港旅行記5回目の記事です。前回の記事はこちらから。

chiritsumomile.hatenablog.com

 

 

PCにてオンラインチェックインをし、搭乗券を自宅のプリンターで印刷。羽田空港には1.5時間前に着くように行きました。

 

  • オンラインチェックインが済んでいる(パスポート情報等も入力済み)
  • 預け荷物なし

 

ということは?!

 

カウンターによる必要なし。よし、直接保安検査場へ行こう!!

 

ハプニングその1 保安検査場のリーダーが搭乗券を読み込まない

オンラインチェックインを済ませている&預け荷物なしなので、香港エクスプレスのカウンターには寄らず、いきなり保安検査場に向かいました。

いつもの要領で荷物をカゴに載せ、搭乗券をリーダーにかざすもまったく読み取る気配がありません。。。そういえば搭乗券に印刷されたQRコードってなんか不明瞭(滲んでるというか)な気が。

係の方が一生懸命読ませようとするのですが、うんともすんとも言わず、列を外れて待機することに。保安検査場の職員さんが香港エクスプレスのカウンター(?)に電話して、搭乗者の内容等々に間違いがないか確認が取れたところで保安検査場を通過することができました。

 

 

ハプニングその2 搭乗予定のUO623 便が機材繰りのため遅延

そもそも2016年の夏にUO623を予約したときの出発時刻は1:00。その後、出発時刻が00:25に変更になったと香港エクスプレスからメールにて連絡が入りました。

この変更により、出発時刻・到着時刻も早まったので、以前の計画よりは少し早めに出かけたのですが、羽田空港に着いてみるとなんと機材繰りによる遅延(^_^;)うーん、仕方ないのでカードラウンジで当初の予定より長い時間を潰すことにしました。

 

 

ハプニングその3 オンラインチェックインしていてもチェックインカウンターには寄る必要があった?!

保安検査場通過後、カードラウンジへ直行。モバイルを充電しながら、飲み物をいただきます。飛行機の出発が遅れているので、ラウンジの滞在時間が増える。イコール飲み物の量が増えてしまいますね、、、

搭乗開始時刻ギリギリまでラウンジで過ごし、いよいよ搭乗口へ。パスポートと搭乗券を見せて機内へ向かおうとすると、香港エクスプレスの職員に呼び止められました。聞けば、パスポートのチェックが終わってないので、その手続きをしないといけないそう。またまた列を外れて、パスポートチェックをしてもらいました。

 

係員:「次回以降は、カウンターに寄って下さいね」

私 :「えっ?!オンラインチェックしていてもですか?!」

係員:「はい」

私 :「今後、毎回ですか?」

係員:「はい、毎回必ず寄って下さい」

私 :「わかりました、すみません」

 

というやり取りを経て、無事機内へ進みことができました。ふぅー。

 

 

少なくともPCからオンラインチェックインの手続きをした場合は、預け荷物があろうがなかろうが当日カウンターに寄る必要がありました(2017年4月現在)。あとで気づいたことですが、オンラインチェックイン完了時の画面にも

 

香港国際空港以外の空港からのフライトをご利用の場合は、旅券などのドキュメントチェックが必要の為チェックインカウンターへお越しください

 

とはっきり書かれていました。香港エクスプレスの方、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

※モバイルアプリでのオンラインチェックインだと直接保安検査場に行けると書いているブログもあるので、モバイルアプリはこの限りではないかと思います。

 

ハプニングその4 座席を変わって欲しいというおじいさん登場

トイレに行きやすいよう3列シートの通路側とその隣の中央の席を有料で指定した私たち。シートベルトを締めて座っていると、窓側席のおじいさんがやってきました。

おじいさんが窓側の席に行きやすいようにしようと2人して体の向きを変えようとしたところ、

「あなたたち2人は連れか?だったら一つずつ席をずれて欲しい(自分が通路側に座るから)」

というようなことをジェスチャー混じりで英語(多分)で言ってきました。

 

答えはもちろん、「No」

おじいさんは予期せぬ答えだったのかちょっと面食らっていましたけど、こちらは追加料金払って座席指定してますのでここは譲れないんです、ごめんなさい。

窓側のおじいさんは飛行中私たちに気を使ったのか一度もトイレに行きませんでした。一方の私たちはドリンクの飲み過ぎで、通路側を指定した甲斐があったというものです。。。

 

 

※搭乗率6割〜7割ほどで空席も結構あったからか、水平飛行に入ってシートベルトサインが消えたあたりから何名かの方々が自由に席を移動していました。中には、3席潰して横になっている人も。座席指定を有料にしているんですから、そこら辺はCAさんもシビアにやってほしいですよね。お金払うのが馬鹿らしくなります。

 

 

というわけでハプニング続きの初日でしたが、無事香港行きの飛行機に乗ることができました。

 

次回は香港空港での両替について書く予定です。

 

 

 

2017年4月香港旅行記(4)香港エクスプレスのオンラインチェックインに初挑戦(PCより)

香港旅行記4回目の記事です。前回の記事はこちらから。

chiritsumomile.hatenablog.com



以前香港エクスプレスに搭乗したときはオンラインチェックインに対応していなかったので、空港に早めに(たしか3時間前)行ってカウンターで手続きをしました。今回も早めに空港に行ってカウンターでチェックインしなきゃなぁ…と思っていたら、いつの間にか香港エクスプレスもオンラインチェックインできるようになっていたんですね!

※2015年11月から日本発の全便でオンラインチェックインが可能になった模様

 

素晴らしい☆




そんなわけで今回は香港エクスプレスのオンラインチェックインについて。PCから香港エクスプレスのオンラインチェックインに初挑戦してみたので、そのときの流れをまとめてみます。

 

香港エクスプレスオンラインチェックインの流れ

オンラインチェックインができるのは、出発時刻の48時間前〜75分前まで。この期間に、

  1. 香港エクスプレスのサイトへ
    http://www.hkexpress.com/ja
  2. トップ画面の「オンラインチェックイン」をクリック

    f:id:chiritsumomile:20170509205006p:plain

  3. 予約番号と姓を入力

    f:id:chiritsumomile:20170509205300p:plain

  4. オンラインチェックインスタート
    パスポート情報や受託手荷物の有無、座席指定の有無などを入力。追加料金が発生する場合、その場で支払い手続きが必要
  5. オンラインチェックイン完了
  6. 搭乗券をプリントアウトし、当日空港に持参

 

という流れ。

 

以前の記事でも触れましたが、預け荷物と座席指定についてはどうするか決め兼ねていたので、どちらも「なし」で当初の予約を取っていました。

 

受託手荷物と座席指定について

悩んだ末に受託手荷物は「なし」のままでいくことに。往路さえ手荷物を7kg以内に収められたら、香港でお土産買って荷物が増えても無問題!復路はANAマイルで取ったエア・インディアとアシアナ航空ビジネスクラスですので( *`ω´)

 

さて、預け荷物以上に悩んだのが座席。香港エクスプレスは「シートピッチが狭めだった」&「深夜便で基本みんな寝ている」という過去の記憶が蘇ってきます。オンラインチェックイン時に自動でアサインされた席は、窓際の席とその隣の並び席。3列横並びの通路側席が空席なら問題ないのですが、誰かが座った場合は飛行中トイレに行くのは厳しそう。



出発前にカードラウンジでゆっくりしてから行く=水分を取りすぎる恐れあり

 

ということで、保険をかけて通路側とその隣の並び席を指定!1人750円、2人で1,500円の追加料金を支払って、通路側の席を確保しました。(これが結果的に正解でした)すべての入力・追加料金の支払いが終わり、オンラインチェックインも完了です。

 

f:id:chiritsumomile:20170509204216p:plain

 

あとは搭乗券をプリントして、当日空港に行けばOK。カウンターでのチェックインは必要ない(※後にちょっとした事件あり)ので、以前よりはゆっくりと空港に向かうことができそうです。

 

次回は香港エクスプレス搭乗日に起きたハプニングについて書く予定です。